false's tumblr RSS

Archive

9月
28th
permalink

同僚Aが相談を持ち掛けたときに上司Bが話した『夫婦円満のコツ』が予想外のものだった。
上司Bは「お互いにイライラしてどうしようもない時は5・7・5でメールしあうようにしてるよ」と言った。
俺は最初冗談かと思ったんだが、どうやら本当のことらしかった。

例えば上司Aの奥さんが洗濯物の件でイラッときた日のメールは、
上司の奥さん:靴下が 逆なんだけど 裏表
上司:あぁすまん 気を付けますね 明日から

個人的な話だが、上記のメールを見たときは早く結婚したくなった。

5・7・5でメールし合うことにすると色々利点があるようだった。
「イライラした際に思ったままを勢いでぶつけることがない。
つまり5・7・5というルールを設けることで、お互い一呼吸置いて考えることができる。
何より、どんなにイライラしていても5・7・5で送り合っていると笑えてくる」というようなことを言っていた。

それを聞いた同僚Aはえらく感動しており「早速試します」と言っていた。
(俺も感動したが試す相手がいない。)
しかし、同僚AはAの奥さんに前もって一切言わずに急に5・7・5でメールを送ってしまったようで、
喧嘩は更に最悪な方に向かったらしかった。
確かに、前もって言うことなく急に5・7・5が送られてきたら余計に神経を逆撫でするだろうと思ったわ。
でも何にせよ、上司Bのその方法はちょっと驚きだった。

9月
21st
permalink
今朝、夫から凄く良い言葉を聞いた。
子供がモタモタしてる時、やらんで良いことやってるーって思う時、手元を見るからイラつくんだ。でも顔を見るとね、目を見るとね、とても集中してやってるんだよ。一生懸命なの。だから顔をみてるといくらでも待てる、と。
9月
20th
permalink
ファミコンの時間制限をされた子供であったが、いまだにゲームをやめられていない。そこで、この経験を生かして、子供が自然にゲームをやめてしまうよう仕向ける方法を考えた結果、ゲームを買い与えた際に、プレイ計画書を提出させ、毎日、進捗を確認すればよいのではないかと考えた次第である。
9月
8th
permalink
好ましくない爪の切り方(爪を丸く切るのはNGです)をすることで、爪の両端が丸まり、爪の端が皮膚に食い込む環境を作ってしまうからです。
9月
6th
permalink
駅の自販機でジュースを買ったら何故かオロナミンCが出てきて、もう一度やってもオロナミンCが出てきたので駅員さんに説明しようと思って駅員室にオロナミンC二本持って行って「あのこれ」って声をかけたら駅員さんたちすごい笑顔になってたから「いつもお疲れ様です」って言って渡してきてしまった

(via chptr22)

(valvallowから)

permalink
酔って帰ってきた旦那が泣きながら
「実は俺とお前は血が繋がってないんだよぉぉぉ・・・」と
言って来た時は一瞬ショックを受けたけどよく考えれば当然じゃんと思いました
permalink
「筋肉痛がつらいよー( ; ; )」って言ったら旦那さまが「よし、ingressやりに行くか!」って言ったので離婚も近いかもしれません
8月
24th
permalink
昆虫は卵を沢山産むので、
ひとつの卵で成長するための卵黄の分配量
が少なくなってしまう。

そこで卵内の成長を最低限のとこで一旦止めて外部から栄養を取り込むようにする
これが幼虫である。
成長のための栄養を十分とると、
もう一度卵内の過程に戻る。
これが蛹である
8月
14th
permalink
長く一緒に仕事してるライターさんがコミケに出す同人誌を作っているそうで、先日飲みに行った時に「一般誌との一番の違いはなんですか?」と聞くと「コミケの締め切りって延びないんだよね」と言い、横に居た担当が鼻からホッピー吹き出していた。
permalink
小田急線急行にて婆さんがお兄さんに尋ねた。「経堂は止まりますか?」圧倒的難問っ!!小田急プロの俺でさえ悩む。果たして大丈夫か。お兄さんは答えた。「多分停まらないです、、」止まるよ!にいさん残念!僕はお婆さんに停まる旨伝えた。礼をする婆さん。照れるにいさん。そして通過する経堂駅。

Twitter / @kosuke_sato0421 (via mcsgsym)

(元記事: otsune (valvallowから))

permalink
permalink
「社長が『直したら10万出す』って言ってるんだけど助けてくれない?」と元同僚が転職先企業から。訪問して管理者パスワードもらって1分で原因突き止めて5分で直した。友人は社長に掛け合うも5分の仕事だろと支払い拒否。友人は平身低頭して飯ご馳走してくれたけど、その会社はもう助けない。
8月
12th
permalink

男性には、香辛料の強い食事や香水などの使用を避けて、週末の2日間、同じ木綿のTシャツを着て過ごしてもらいます。その後、使用済みのTシャツは、実験室に集められ、被験者の女性たちにTシャツの匂いを嗅いでもらい、好感度のある順番に並べさせました。 その結果、女性たちは、MHC(Major Histocompatibility Complex)という免疫をつかさどる遺伝子の値が、遠い男性のTシャツほど、好ましい匂いと回答していたそうです。

つまり、女性たちが、彼の匂いに好意的なのは、遺伝子レベルでのマッチングが成立していることが言えるでしょう。(この結果を受けて、思春期の女性は、MHCが近いから父親の匂いを嫌がるのではないかと唱える人もいます。)

8月
8th
permalink
熱中症は「熱に当てられただけなんだから涼しい所で休めば治るんじゃね?」と軽く考えてたら「お前はゆで卵を生卵に戻せるか?熱中症ってのは脳のタンパク質がそうなる事だ」という説明を見てゾッとして以来気を付けてる。
7月
25th
permalink
中学の時に作文が上手な女の子がいて、彼女の付けるタイトルは、意外性のある想像力を掻き立てられるものだった。
タイトルも素晴らしいが、本文はその何倍も読む価値のあるものだった。
俺たちが「修学旅行の思い出」「金閣寺を見て」なんて駄文を書いている中、「もみじ」というタイトルなんだよ。
読んでみると、いきなり帰りのバスから始まるの。で、リュックにもみじの葉が紛れ込んでいるのを見つけて、「どこのもみじだろう?」と思い返すのが本文。
「○○でリュックを開けたけどもみじはあったかな?帰ってから写真を見てみよう」「○○のもみじはキレイだった。あそこのだったらうれしい」とか。
結局どこのかは分からないんだけど、一緒に行ったから「あそこにもあったよね」と、話したくなるんだよ。

一度コツを聞いたら、マンガを描くのが趣味で起承転結がどうのこうの言っていた。それは俺には無理だなと思った。
もう一つ、タイトルは最後に付けると言っていた。これなら俺にもできそうだったので、真似している。